【幽体離脱体験談】夏なので私も怖いお話をするね

2017-08-20

f:id:xtamichox:20170804114104j:plain

夏といえば? こんにちわ、タミコです。
昨日いつものようにブログ巡りをしていたわけですがある記事が目に留まりまして。

gadgerepo.com

ひぃぃぃぃ!と思いつつ、私もちょっくら書いてみようかと思ったのであります。

スポンサーリンク

 あれは私が中学生の時だった

当時私はなんとなく嫌だなー程度の霊感はあったの。
例えば百貨店のトイレだったり歩道橋の上だったり色々あるのだけど
その中で一番ガッツリ体験したのが幽体離脱なのです。

いや、嘘じゃないからね?

当時受験生だった私は、
夜9時に寝て夜中2時に起きて勉強するという受験生の模範的な生活をしていました。
そしてその日もいつもと同じく夜中の2時に起きて勉強を始めたんですけど、
その日に限ってとても眠くてうたた寝をしてしまったのよ。

寝ちゃダメだ、勉強しなきゃと思いつつうとうとしていたんだけど
ふとはっ!!と目が覚めた時に見た光景に思考回路が停止したんです。

あそこに寝ているのはどう見ても私

それは寝ている私を上から眺めているもう一人の私。(意識は眺めているほうにある)
最初は夢だと思ったんだけど、どうやら何かが違う。
ハッキリは分からないのよ。分からないんだけど
あそこに何かがいる・・と思う時の感覚と同じように何か違うと思ったの。

部屋の様子はさっき私が寝てしまうまでと同じ。
広げてある参考書にさっき使ったカラーペンも机の上にある。
でも唯一違うことが一点だけあった。

テレビはついていないはず

今もだけど私は集中したい時は雑音を排除する。
テレビ・音楽・人とにかく排除。邪魔されたくないから。
なのに受験勉強という集中しなければいけない時に、テレビがついていた。
ありえない。絶対ありえない。
テレビをつけたまま勉強なんてできないし、消さないと眠れないくらいなのに。

でもテレビはついていた。
頭の中を整理しながらテレビの画面を眺めていると、突如ザーっと音がする。
画面が砂嵐になったんです。で数秒後に元の画面に戻る。その繰り返し。

怖い、怖すぎる。更に電気がついたり消えたりしだしたのだ。
誰だよバカやろこのやろが。

そして最後の決め手が部屋のドアをノックする音
もう泣きたかった。泣いたところで声はでないけども。

このノック音を聞いた時に一気に恐怖が増し、
本体に戻ろうとしたんだけどどれだけもがいても全然すすまないのよね。
で、なんとかジタバタやっている間に気づけば朝だったのである。

幽体離脱は経験するもんじゃない

この経験をしてからしばらくは怖かったけどすぐに忘れた。
金縛りなんて毎日なっていたし、いちいち怖がるのも疲れるからだ。
それからしばらくしてこの体験を思い出し、ググると幽体離脱と分かったの。

xn--u9jt50gza675pwgy001a.net

ここに幽体離脱の方法が書いてあるんだけど、正直好んでやる人がいるの?と。
全然楽しくないし体験しなくてもいいじゃないと思う。

meisekimu.kiriks.com
他の体験談はこちらにたくさん載っています。

以上が私の思い出の恐怖体験。
幽霊らしきものを見たこともあるけど、この幽体離脱の時が一番怖かった。
その時はこれが何なのか分からなかったからだと思う。
人間って知っていることより知らないことのほうが怖いもんね(‘ω’)

www.fujitv.co.jp

さぁここで告知である。8/19、みんなでLet’sほん怖!
ちなみに私はフジテレビやこの番組とは何の関係もない一般人である。

それでは、また!

スポンサーリンク

雑記

Posted by tamiko