検索流入を増やすなら記事タイトルはこだわれるだけこだわる

f:id:xtamichox:20170722114853j:plain

 

こんにちわ、タミコです。本日2本目です。

このブログを開設してもうすぐ丸二ヶ月になろうとしています。

つたない文章で書いたものを多くの人に読んでいただき

本当に申し訳けないやらありがたいやらでいっぱいです。

 

さて、お気づきの人もいるかと思いますが

この半月ほど検索エンジンを意識した記事を書き始めました。

割合としては全体の3割ほど。

ぼちぼち検索流入があがってきたので、ツラツラ書いてみようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

なぜ検索を意識した記事を書くのか

 

もちろん、たくさんの人に読んでもらいたいからの一言。

反応があるのと無いのとでは、ある方が良いに決まっているよね。

 

では検索を意識した記事とはなんなのかっていう話。

自分が書きたいこと書けることを書くのは前提として

8割くらいはキーワードの選定&記事タイトルによると思うの。

 

記事タイトルにこだわれるだけこだわる

 

検索から人を呼ぶのに記事タイトルの重要さは群を抜いている。

自分が情報を検索するときのことを考えたらすぐわかるんだけど

表示されたタイトルを見て読む記事を選んでいるはず。少なくとも私はそう。

 

すごくわかりやすくまとめられたタイトルや

一風変わった印象に残るタイプのタイトルなど

ぱっとタイトルを見た時の第一印象(インパクト)が何より大事なのだ。

 

www.ok89.info

ちなみにブログへ来てからは、こちらを大事にしている。

 

まずブログに来てもらわなければ話にならないの

 

人間ってものは発信するからにはレスポンスが欲しいもの。

反応があればそれに応えようとするよね。

 (まぁ自分で勝手に発信しておいて勝手だとは思うけど)

特にアフィリエイト推しのブログは検索流入がないと話にならない。

 

一般的に検索流入の訪問者は購買意欲が高いと言われている。

なので必死になってSEOをするんだけど

そのせいで検索結果がアフィリエイトサイトばかりになっている。

それは検索流入がないと話にならないと分かっているから。

だから一生懸命研究して

思わずクリックしたくなるような記事タイトルをつけているのだ。

 

とはいえタイトルと内容が伴わないのはいかがなものか

 

検索エンジンといえばYahooとGoogleだな。

(今はどちらも同じエンジンを使っているみたいなんだけど)

私が以前アフィリエイトをしていた頃からそうなんだけど

Googleのエンジンはその頃から一貫してユーザー優先になっている。

(Yahooは以前は企業に優しい検索エンジンだった)

 

現に度々アルゴリズムのアップデートがあるし

ユーザビリティの基準は年々厳しくなっているみたい。

 

記事タイトルは確かに重要なんだけど

タイトルと内容がかけ離れているとGoogleに嫌われてしまう。

そして不適切なブログとして上位表示されなくなってしまうの。

 

また 自分が訪問者としてブログを訪れた時、

タイトルと内容が全然違ったりしたら二度と来るかボケ!と思うよね。

思わない?私は思うのよ。

 

その時のアクセスは得られてもそれっきり。

数あるブログからせっかく来てもらったのに、とてももったいない。

 

リピーターがつくということは安定したアクセスを得られるということ。

記事タイトルと内容があっていないと、その機会を損失する。

 

訪問したくなるような記事タイトル、それに伴った内容。

それが出来れば自然に良質なコンテンツになるだろう。

 

良質なコンテンツは、Googleからの評価があがる。

評価があがると上位表示されやすくなる。

上位表示されるとユーザーに見つけてもらいやすくなり、

その中の何割かがリピーターになってアクセスが安定する。

 

良い循環しかないのよね。

私のような弱小ブログが語っても説得力ないかもしれないけど

検索からの流入を増やしたい人は、記事タイトルにこだわるといい。

 

お金がかかるわけでもないし、やってみるのは損ではないはずだから。

スポンサーリンク