【MARSHAL2.5HDDに交換】5年前のオンボロノートPCを復活させる

2017-09-29PC・IT・家電

こんにちわ、タミコです。
突然ですが、こちらの記事を覚えておいででしょうか。

あわせて読みたい参考記事⇒ 【PC購入レビュー】Acer es1-523-h14d/wを購入した

購入したキッカケは、以前使っていたPCが壊れたから。
しかしそのPCはグラボが積んであるゲーミングモデルであり
どうしても諦められなかったのでHDD交換に踏み切った。

今回はその記録である。

スポンサーリンク

マウスコンピューターのG-TUNEシリーズ

対象のノートパソコンくんはこちらのマウスコンピューター製。
すでに裏ぶたを開けた状態で待機中である。

画像左真ん中あたりに同じものが2枚ついているのがメモリ。
こちらは4GB×2なので1つはずして新しいノートに付け替えるつもり。

そしてちょっとわかりにくいんだけど、
左下の見切れている部分にこの機種のHDDが収納されている。

HDDくん初めまして

こちらがこの機種のHDDである。
専用の留め具で止めてあるので、ドライバーで優しくはずしてやる。
※HDDは衝撃に弱いので決して乱暴に扱わないこと。そして静電気にも気をつけること。

はずしたらこんな感じである。
これを新しく購入したHDDと交換するのである。

今回私が購入したHDDはこちら。なんと中古である。
基本的にノートパソコンのHDDは
2.5インチ・9.5mm・そして最近のはSATAではなかろうか。

最近のネットブック系だと7mmもあると思う。
(購入する際はここらを調べておかねばならんよ)

qa.elecom.co.jp

調べ方はこちらを参考にして型番を検索するといい。
でも本当は中を開けるのが一番だけど。

HDDの交換自体はものすっごい簡単。
はずした時と逆の手順でつけていけばいいだけである。

SSDじゃなくHDDにした理由

今SSDがだいぶ安くなっているので正直迷った。
でもメインのノートが他にあるのでコストを抑えたかったこと、
それにSSDに変えるならメインPCだろうと思ったから(‘ω’)

メインPCをSSDに交換。取り外したHDDを古いPCに付け替える。

本当はこれが一番だとは思ったんだけど
残念なことにメインPCのHDDは7mmと規格が合わなかった。
なので今回はこのような交換でまぁいい。

HDD交換後、PCが無事に立ち上がる

HDD交換が終了したので早速立ち上げてみると、無事に起動した。
ところがこのままではPCとしては使えないのである。
なんたってOSが入っていないんだよね(‘ω’)

実は前のノートPCが起動できなくなったのはHDDが壊れたからであり
ものの見事にバックアップもこの5年とっていなかった。
仕事で使うわけでもないので大したデータもない。

なので大丈夫だろうと思っていたんだけど、
よく考えたらこのPCはHDD内にリカバリ領域があるものなの。
本来は自分で購入直後にリカバリディスクを作ったりするんだけど
私はそのままガン無視をきめこんでいた。

なのでリカバリできない&システムイメージもない。
もちろんOSやドライバのディスクもない。
OSがないともちろんPCとして使えないので非常に困るわけである。

そこでアチコチ調べてどうにかできた。長くなるのでその話はまた次回にしようと思う。

あわせて読みたい参考記事⇒ 壊れかけたHDDからデータの吸い上げを試みる

ちなみに古いノートPCからメインPCへメモリを1枚増設した。
CPU-Zで確認してみたらキチンと認識されて8GBになっていた。

www.pc-master.jp

CPU-Zはすんごい便利なフリーソフトである。
メモリを増設する予定があるならこれを使って規格が調べられる。
それ以外にも使える要素がけっこうあるので便利。

使い方は上記のブログを参考にしてね(‘ω’)
次回はデータの救出うんぬんについて。それでは!

スポンサーリンク