バズるバズらないはもはや運!検索と熱量を大事にしよう

ブログうんたら

バズるバズらない

先日こんなことをつぶやいていました、タミコです。

グーグルさんからHTTPS対応についてのメールをもらった日から、コツコツコツコツコツ検索流入を意識した記事を書き続けていました。
せっかくはてなブログにいるのに最大のメリットのはてブを無視し、一心不乱に検索流入の為の記事を書いてきました。
あれから二ヶ月弱・・・成果が目にみえるようになって感無量です。゚( ゚´д`゚ )゚。

 

スポンサーリンク

もはやバズるかどうかは運次第

私は結局大バズすることはなかったので偉そうなことは言えませんが、バズった記事を見ているともはやバズるのも運次第だと思います。
さすがに何百とブックマークがつくものはすばらしい記事ばかりですけどね。

投稿時間・読者数・ブロガー同士の繋がり・コンテンツ内容など、全てのタイミングがある程度重なれば初心者でもバズることはできる。
逆に言えば全てのタイミングをはずせば、どれだけ良い記事でもバズることはできないかもしれません。まずは新着エントリーに載らなければ話にならないし・・・

 

三ヶ月程度ではてブ集めは卒業しましょ

ブログ初心者さんは最初のアクセスアップの為にはてブを集めましょう。
というかそれがはてなブログで始める一番のメリットなのでぜひやりましょう。
そしてある程度の読者と被リンク(はてブ)を集めたら、今度は検索流入向けの記事を書いたほうがいいと思います。

 

それまでアクセスの多くをはてブに頼っていたので、しばらくの間はアクセス減でがっかりするかもしれませんが、とにかく気にせず記事を書きましょう。その方が後でラクになります、絶対。

 

バズのアクセスは消えものなのだ!

バズやはてブでのアクセスは消え物です。それから得たアクセスは永遠には続きません。

一度大量のアクセスを得ると、またそのアクセスが欲しくなって、バズるような記事を書くようになるのです。これ気をつけないと、延々と繰り返すことになります。
もちろん定期的にバズを起こせるのならいいんですが、多くの人は難しいはずです。

一度アクセス解析で見てみてほしいのですが、何ヶ月か前にはてブがたくさんついた記事。その後はてブからその記事へアクセスがありますか?

 

検索流入からのアクセスはそんなに波がない

検索からのアクセスはバズほどの波はありません。なんだこの莫大なアクセスは!!というのもありません。その代わりアクセス激減・・・辛し!みたいなこともあんまりありません(アップデート後はのぞく)
なので精神衛生上とてもいい気がします。
ブログやっていると、どうしてもアクセス数で一喜一憂してしまいますからね(´・∀・`)

そんな毎日変わって当たり前のことで悩んでうじうじするのは卒業して、
その悩んだ時間でもっと色んな記事を書きましょうよヽ(゚∀゚)ノ

つまりバズるバズらないはもはや記事の出来のみ!というわけではないのです。
これだけはてなブロガーが増え、新着エントリーに載るブログも増えているのですから、
その中で大バズするのも、またそういう良記事を見つけるのも難しいです。
なのであまりはてブを意識しないで、コツコツコツコツどーーんと構えてブログを書きましょうや!ってことですね。

 

とはいえブログに必要なのは熱量だとは思う

いわゆるプロブロガーには熱量が溢れている

アフィリエイターではなくブロガーの話です。
みなさんご存知のとおり、ブロガーの中にはプロブロガーがいますね。

彼・彼女たちがどうやってプロブロガーと言われるようになったのか私は結構興味があって
それぞれのブログに入り浸っていた時期がありまして。
その時に私が観察していたのは、主にテクニックの面だったわけです。

もちろん一般的に言う記事の内容が一番ということは理解していました。
でもね、理解していたつもりだけだった。その本当の意味がようやく分かったのです。

プロブロガーの書く記事には総じて熱量がこめられている。しかも結構な量。
この熱量がないと読者は読んでくれないのだ。おもしろくないんだもの。

ブログは読まれてなんぼである。記事を読ませて、ファンをつけて、
そこからプロブロガーになっていくのである。(もちろん例外あり)

 

勢いで書いた記事の方が反応がいい

一生懸命悩んで書いた記事より、思いつきで書いた記事の方が反応が良かったことはないですか?
私結構あるんですけど、その時はなんでこの記事が・・って不思議だったんです。

でも気づいた。この記事は手が止まらないくらい一心不乱にキーボードをたたいたなぁと。それだけ自分の思いとか考えを一直線に記事にしたわけですね。そりゃ熱量もこもるってもんです。

そしてそういう記事の方が後から見てもおもしろい。その時の気持ちを思い出すから。
これは自分のブログだけじゃなくて他のブログでも同じ。
特にブログは書いている人の人柄とか雰囲気でファンになる部分もありますからね。
そういう部分を見ることができる記事は結構おもしろいものです。

つまりアクセスアップないし収益ないし読者ないし自分のモチベーションないし、
一番重要なのは熱量かもねって話です。記事に熱量を込め続けることができれば
自動的におもしろい記事ばかりになるし、その他の要素もついてくるのではなかろうか、と。

私は自分で実行したり検証したりするのが好きなのでブログにSEO記事を書きます。
一見テクニック系記事を書いているように見えるかもしれませんが、
本当に自分がわくわくする実験の結果を公開するような気持ちで書いているので
内容はテクニック系の記事でも結構な熱量が込められていると思います。
そのせいか私のブログでは、ブログ系の記事の評判は結構良いです(´ー`*)

この熱量の意味に気づいてから自分のブログを読み返すと
おもしろくない記事が結構あったのでまた修正していくつもりです。

 

おもしろくない記事=熱量が足りない記事だ!

 

今日もグダグダ失礼しました(´゚д゚`) それでは、また!

スポンサーリンク