BT42不妊クリニックを卒業したよ!~産科への転院

妊活・不妊治療

BT42不妊クリニック卒業

昨日はBT42で診察日でした。
前回の診察から今回の診察までにまた出血があったのですが
良いのか悪いのかもはや慣れっこな私は安静にしてひたすら血が止まるのを待つだけ。

出血があったのでどうかな~と思っていたのですが、なんと昨日で不妊クリニック卒業となりました(・∀・)

 

スポンサーリンク

初めてエコー写真をもらって歓喜!

昨日は混んでいてかなり待ったのですが、そのかいあって元気にしている赤ちゃんが見えました。
前回は長細くなったかな~と思っていただけなのに、一週間で人っぽくなっていてビックリ。
以下このブログでは最初で最後のエコーです。

BT42、エコー

ちょっと見にくいですが、それっぽく見えています。(左が頭らしい)
前回はCRL11mmで6週後半から7週にはいるところと言われていたんですが、
今回はCRL17.3mmで8w1dになっていました。大きさで修正が入るんですね。

初めてエコー写真をもらったのでやっと旦那さんに見せることができ、とりあえず一安心。
しかしここで思わぬことが起きたのです。

 

思わぬ卒業にあたふた

先生に今後はどうするのか聞かれたので、元の紹介元へ戻りますと伝えました。

このまま同じクリニックの産科へ移動しても良かったのですが、やはり遠いかなと。
甲状腺の数値次第では日赤と近いのでこのまま通うつもりでしたが
先日検査に行ったところ数値に全く問題がなかったので戻ることにしたんですね。

じゃあ紹介状を書くねと言われて、診察の最後に次回の来院日を聞くと「もういい」とw
そこでえっ?もう次から転院先?とあせったのです(´ε`; )

 

分娩予約していませんが・・・

次の来院までに病院を決めておいてねーとかそういう案内があると思い込んでいたんです。
元々私が聞くまで胎芽の大きさや何週だとかそういうものは教えてもらえなかったので
もっと早く気づくべきだったのですが、何の前触れもなく昨日で終了になってしまいました。

妊娠した後の知識がほとんどない私でも、転院の場合は出産予定日付近がすでにいっぱいになってないか問い合わせた方がいいだろうと言うのは想像できます。
しかしその瞬間は突然やってきて、いま現在かかりつけがない状態になっていまして非常にまずい状態です。

とりあえずすぐに分娩予定の病院へ電話をすると、来院してもらったら自動的に分娩予約になるということで、一刻も早く妊婦検診を受けにいかなくてはいけません。
しかし旦那さんの次の休みは水曜日です。そこまで大丈夫か・・・

みなさんは私のような失敗はしないと思いますが、遅くても心拍確認ができたら産院へ問い合わせた方が良いです。
不妊クリニックでは8wくらいで卒業のところが多いようですが、やはり病院によって違います。
私のように産科難民になるのが一番困るので、とりあえず空き状況だけは確認しておきましょう。

 

元々通っていた病院なので多分大丈夫だとは思うけど、やっぱり予約が取れるまでは不安・・・

 

私の妊活・不妊治療は一旦終了

こうしてあれやこれやてんやわんやしましたが、私の不妊治療はここで一旦終了となりました。

考えてみると私の不妊治療歴はすごく短かったと思います。
詳しくは書きませんが、私の妊活歴は合計すると10年ほどになります。
その中で不妊治療をしていたのが1年3ケ月で、体外受精に至っては3ケ月も経っていません。
採卵から移植まですべて一回で妊娠することが出来ました。はっきりいって恵まれています

以前不妊検査やブライダルチェックについての記事を書いたのですが、
私の主な不妊原因は卵管閉塞でした。そして甲状腺機能低下。
この卵管閉塞という決定的な要因があったからすぐに体外受精にステップアップすることができたし
甲状腺機能も8月の終わりから急に正常になり採卵・移植へと繋がりました。
全てのタイミングが合わさった時に妊娠することができたので、やっぱりタイミングも重要なのかもしれません。(そういえば初詣のおみくじも「待ち人遅くに来る」でした)

不妊治療はここで終了ですが、赤ちゃんが無事に産まれるまでは気を抜けません。
まだダメになってしまう可能性もあるのでぬか喜びしすぎず健康的に暮らしたいと思っています。

 

今後の妊娠経過について

かねてからの予定通り、不妊クリニック卒業に伴い私の妊娠経過を記事にすることは終了とします。
今後は何かあった時は以下のブログに書きますので、良かったらお越しください(・∀・)

 

 

あとは助成金の申請などを書いておこうと思っていますので、もうしばらくお付き合いくださいね。

 

 
簡単になりますが報告まで。本日もありがとうございました!

スポンサーリンク