デビアスなメイドたちシーズン1~簡単なあらすじとネタバレ?

映画・音楽

デビアスなメイドたち

デビアスなメイドたちという海外ドラマをご存知ですか?

デスパレートな妻たちの脚本家であるマーク・チェリーが手がけた作品で、
デスパレよりサスペンス色が濃くでている作品になります。

 

高級住宅街ビバリーヒルズの豪邸で働く主人公マリソルをはじめとするメイドたちを通し、愛憎渦巻くスキャンダラスなセレブの日常を描く、ハリウッド版“家政婦覗き見ストーリー”。
雇用主の禁断の秘密に好奇心旺盛なメイドであり、それぞれに夢と野望を抱く彼女たちが、メイド仲間の死をきっかけに事件の真相を追うことに…。
おしゃれでセクシーな5人のラテン系のメイドたちが、それぞれが仕えるビバリーヒルズの豪邸で、自らも秘密や問題、そして野望を抱えながらも、セレブの優雅な暮らしの裏に隠されたスキャンダラスな事柄を次々と暴きつつ、巻き込まれていきます。

 

暇つぶしになんとなくdTVで見始めたのですが、思ったよりおもしろかったので紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

デビアスなメイドたち シーズン1

メイドの秘密

話は1人の若いメイド・フローラが殺害されるところから始まります。
その犯人として逮捕されたエディの母親が、今回の主人公のマリソルです。
マリソルは息子の無実を証明する為に、メイドと化しビバリーヒルズに乗り込むのです。

周囲の家のメイドたちの輪にはいり情報を聞き出そうとするものの苦戦。
痺れをきらしたマリソルは、自ら事件の現場となったパウエル家へ向かうのでした。

 

残された手紙

マリソルは事件現場のパウエル家に週に数回のメイドとして潜入。
そこでレイプされたというフローラが書き残した手紙を発見しますが、家主であるエイドリアンに没収されます。
エイドリアンではなく、真犯人は他にいるとにらむマリソルは引き続き調査をすすめるのです。

 

拭いたい過去

パウエル家のエイドリアンには「親密な集まり」とされる趣味がありました。
それは娼婦を集めてきて友人に斡旋すること。殺されたフローラも、その娼婦の1人でした。
娼婦が殺されたとなると、マネー的な匂いがプンプンしますね。

かわいそうな冤罪でつかまっているマリソルの息子エディです。
エディはフローラと付き合っていたとか。彼女が娼婦で殺されて挙句犯人にされてしまうなんてかわいそすぎます。

 

波乱の恋模様

殺されたフローラは実は妊娠していました。
お腹の子の父親はまだ分かっていませんが、マリソルは金持ちの子を妊娠したのだと確信します。
弁護士のアイダの元へ行き、検視結果を確認すると妊娠の事実はなかったという記載。
しかしこれは改訂版であって、改定前の報告書には妊娠反応ありとなっているのでした。

ちなみにこの改定を行ったのはエイドリアンの知り合いの検察官。
どこかでつながっていそうですね。

 

抗えないルール

エディがフローラに知り合って二ヶ月でプロポーズしていたことが発覚しました。
しかしその時はすでにフローラは身ごもっていたわけで・・・悲しい(´ε`; )

マリソルにフローラはあなたが思っていたような女性ではなかったと言われ反発をするのですが
ふと「証拠のビデオがあるからお金を払うに決まってる」と言うような電話の会話を聞いてしまったことを思い出します。
さてさて、お腹の父親は誰でしょうねぇ・・・

 

黒い駆け引き

拭いたい過去で発覚したエイドリアンの趣味。
しかしこれは表面的なことで、実際の目的は娼婦と友人の情事を覗き見することでした。
そしてDVDに録画し保管していたわけです。ほんっと悪趣味ですねw

抗えないルールでフローラが言っていたという「証拠のビデオ」は恐らくこのDVDのこと。
このDVDが鍵となるわけですが、一体どこにあるんでしょうか?

 

真実の行方

前回パウエル家のメイドをクビになってしまったマリソル。
仲間のメイドに本当はメイドではないことを知られてしまいピンチなりますが、
逆にそのメイド(ロージー)の弱みをにぎり捜査に協力してもらうようになります。

ロージーにパウエル家のメイドになるように頼み、問題のDVDを探してもらうんでしょうね。
ちなみに半脅しで協力させていたマリソルですが、ロージーは自分にも息子がいるので
マリソルと自分を重ね、今では前向きに?協力してくれているようです。
マリソルに相談できる相手ができてホッとしました(・∀・)

 

子守と子作り

マリソルから隠し部屋の存在を聞いたロージーは、DVDを探しにその部屋へ侵入します。
フローラと書かれたDVDを全て見るものの、有力な情報はいまいち見つかりません。

自分が連れてきた赤ちゃんに異常な執着を見せるエブリンを不快に思ったロージーは
(DVDもチェックしたし?)もう辞めます!と言ってお給料をエブリンからもらいます。
現金で支払うわといって開けた金庫の中に、まだ見ていないフローラと書かれたDVDを発見するのでした。

 

欲望の代償

前回ロージーが見つけたフローラの最後のDVDは無事にマリソルの元へ。
そのDVDには、フローラとマリソルが現在メイドとして働いているスタッポード家のマイケルが。
フローラはマイケルの顧客にレイプされたと、お金を要求していました。
更にその顧客と近い間柄にある人の子供を妊娠していると。

親しい間柄なんて身内くらいしか思いつかないのですがどうかな?
とりあえずこの内容だけでは誰が父親なのかは分からないので
マリソルはフローラのおばあさんに会いにいくのですが・・・

 

悲しみの果て

マリソルはフローラの相手がエディの友人だったと聞かされます。
エディは実はドラッグの売人で、ビジネスパートナーのブラッドが何か知っているかもと
連絡をとろうとしますがなかなかつかまりません。

やっとの思いでつかまえたブラッドに問いただすと、
フローラと付き合っていたのはレミだというのです。
(レミは同じビバリーヒルズに住むセレブの子供です。ストーリー中結構でてきます)
ということはお腹の子の父親はレミで、その親しい間柄の人に脅迫していたということは・・・

だいぶ犯人が見えてきましたね。

 

密告

ここまでロージーにしかバレていなかったマリソルの正体ですが
ここに来て色々な人に不信感をもたれてしまいます。バレるのも時間の問題?

マリソルはフローラのお腹の父親はレミとして、殺したのもレミかどうか疑っていました。
なので罠をかけたのですが、どうやらその反応からレミは妊娠のことすら知らなかったよう。
しかし問題のDVDを見せられたレミは、内容から自分の父親が犯人ではないかと疑います。

 

迫られた決断

マイケルからマリソルが自分を探っていると聞かされたレミの父親フィリップ。
こっそり殺し屋を雇い、マリソルを狙撃させます。

しかしマリソルを狙撃したつもりがマイケルの妻テイラーを撃ってしまう殺し屋。
これによってお腹の子を失ったマイケルは、マリソルに全てを話すのでした。

 

明かされた正体

犯人はやはりフィリップでしたね。内容はこう。

エイドリアンからフローラを紹介されたフィリップは早速関係をもとうとしました。
しかしフィリップが当時交際していたレミの父親だとしると拒否をします。
しかし嫌がるフローラに無理やりレイプします。
後日レミの子供を妊娠していると脅迫を受けたフィリップは、
呼ばれててもいないパーティーへ侵入し、フローラを殺害するのでした。

エディが犯人として捕まってしまったのは、フィリップの仕業です。
フローラの異変に気づいて近づいていったエディはフィリップに頭を殴られます。
目覚めた時にはフローラの血がついたナイフを持っていたということですね。

フィリップは息子レミの将来の為にフローラを殺したのでしょうが、
本当にどうでもいいようなクズやろうですね(`д´)ケッ

 

デビアスなメイドたち シーズン1まとめ

 

以上がデビアスなメイドたちのシーズン1の簡単な内容になります。
長くなるので事件関連のことにしか触れていませんが、マリソルの周囲の家でも色々なことが起こっていておもしろいのです。セレブってやっぱりぶっ飛んでるのね~と感心感心w

久々に飽きることなく一気に見てしましたよ!
スキャンダラスな話が好きな人はもちろん、ミステリー系が好きな人も楽しめると思います。

 

本日もありがとうございました。それでは、また!

スポンサーリンク