【妊活・不妊治療】隣の家族は青く見えるのリアルさといったら

不妊治療・妊活

私は普段ドラマは見ないのですが、今期は開始前から楽しみにしていたドラマがありました。
それは、木曜夜9時の「隣の家族は青く見える」です(・∀・)

 

隣の家族は青く見える

妊活・不妊知慮経験者として興味をもつのは当たり前なのですが、正直どの程度まで突っ込んだ内容になるのかが気になっていました。
リアルさを抑えて当たり障りのない程度の内容なら見る気にはならないし、もしかしたら不愉快に思ってしまう可能性もあったからです。

ですがそんな予想は関係なく、現段階では妊活・不妊治療の程よいリアル感を持った内容であるといえます。

 

隣の家族は青く見えるあらすじ

家の購入を機に妊活を始める五十嵐奈々とその妻と共に妊活に向き合う五十嵐大器の「子供が欲しいカップル」。子供が欲しくない杉崎ちひろとバツイチ の川村亮司の「子供を作らないカップル」。一級建築士の広瀬渉と彼の恋人の青木朔の「男性同士のカップル」。商社を早期退職した小宮山真一郎と子育てが命の小宮山深雪の「幸せを装う夫婦」。この4組が本作の舞台となるコーポラティブハウスで、悩みや秘密を隠して葛藤しながらも成長していこうとする。 -wiki

子供欲しいカップルの奈々と大器夫婦メインでストーリーはすすんでいきます。
メインの夫婦が不妊治療をしているので、内容としては妊活系が多いのですが
ちょっと変わり種のご近所さんとのエピソードも含まれていて非常におもしろい。
誰が見ても楽しめる内容なのではないなか、と思います。

 

不妊治療の内容がリアル

中でも私がすごいと思ったのが、不妊治療の内容が結構リアルということ。
妊活や治療経験者なら分かる願掛けグッズや日々の努力など、本当によく調べてあります。

 

こうのとりキティは私も持っていました♪ピンクの嘴が取れたけどさて・・

 

また実際に病院に行ってからの検査や治療内容もそのまんまです。
特に個人的に痛かった卵管造影検査のシーンで思い出してすごく嫌な気持ちにw
そのくらいしっかり検査や治療の内容も伝えていると思いました。

 

とにかく全てがリアルなのです。

 

リアルすぎて心境が分かり辛い・・・

治療や周囲の妊娠・出産、義母の反応についても遠慮なくリアルな為、感情移入しすぎて涙がでてくることも結構ありました。
(特に昨日放送の義母がやっと察したシーンについては本当に胸が痛んだ)

最初は治療に無縁な人には重すぎる?とも思っていましたが、よく考えるとこういう心境は不妊治療中には避けて通れないし、もしこのドラマを見ることで治療中の人の気持ちが少しでも伝わるのならそれはそれでいいんだろうなぁと思ったわけです。

これだけ不妊治療をしている人が多いんですから、あなたの周囲にも悩んでいる人は少なからずいるはずです。
個人的には余計な気をつかう必要はないと思っています。(私が気を使ってほしくないタイプだからかもしれませんが)
子供がいないのは不妊という可能性もあり悩んでいるのかもしれないという考えは頭の隅に置いておいてもらえると、経験者としては嬉しいなぁと思いますね(・∀・)

 

オットが神過ぎる

1つどうなのだろうと思ったのは、オットが協力的すぎるということです。
妻に原因があるにしろオットに原因があるにしろ、検査や治療は女性メインで行います。
オットの検査は基本的に精子を採るだけなのですが、それさえも嫌がる男性はたくさんいます。
このドラマの大器のように、全面的に協力してくれるオットはかなり少ない気がします。

 

不妊症の約半数は男性が原因。知っておきたい「男性不妊」

現在未婚や妊活前で将来的に治療が必要かも?と思っている人は、こんなに協力的なオットは珍しいということだけ頭にいれておいてください。

 

スポンサーリンク

まとめ:不妊治療入門の前にみると最適!

 

これから不妊治療を始める人や夫婦で足並みをそろえたい人に最適なドラマです。
入門編といいますか、抑えるところは全て抑えてあると思います。
妊活・不妊治療には夫婦で同じ意思をもつこと正しい知識が必要です。
このドラマを見て、夫婦で治療のことについて話す時間をぜひ持ってほしいと思います。

また私個人的には・・・
なかなか孫を見せてくれないと思っているお姑さん世代にも見てほしいなと思っています。
子供を望まない夫婦ももちろんいますが、本当は心の底から望んでいる夫婦かもしれないという選択肢があるだけで、嫁の立場としては嬉しいからです。

このドラマにより、たくさんの人に不妊の現実が伝わればなと思っています(・∀・)

 

本日もありがとうございました。それでは、また!