【2018年】学資保険はJAこども共済「学資応援隊」に決定!

マネー

学資保険、こども共済

この夏に待望の第一子を迎える我が家。
待ちに待った妊娠・出産ですが、喜んでばかりもいられません。

子供を持つということは、その子の人生を背負うということ。
私は家庭の事情で進学の選択がなかったし、オットは奨学金の返済に苦しんでいます。
自分の子供にはそういう思いをさせたくない!と妊娠した時から教育費のことを考えています。

子供の学費の貯金といえば学資保険ですよね。
今は低金利で加入するメリットもあまりないとは思っています。

つい最近まで本当に学資保険に加入するかどうか悩んでいたのですが、今回加入を決め更に加入先をこども共済に決めたのでそのことを書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク

学資保険とは

学資保険(がくしほけん)とは、子どもの教育資金の確保を目的とした保険のことで、基本的な保証内容は他の生命保険などと同じく、毎月決まった額の保険料を払い続ければ、主に祝い金や満期学資金として、契約時に決めた子供の年齢に合わせた給付金が受け取れる保険のことです。 -【完全版】学資保険とは|加入の必要性や返戻率、メリットなど徹底解説

 

普通の積み立て預金のように毎月積み立てをし、満期時に学資金がもどってくる保険です。
簡単な補償もついているためお得な気もしますが、2018年現在はマイナス金利の影響でさほど増えることはありません。それでも普通に貯金するよりはよっぽどお得だと思います。

 

学資保険のメリット

①保険商品なので、年末調整などで保険料控除に申告することができる
②金利が低いといえども、積み立て預金よりは断然良い
③貯金が苦手でも強制的に貯めることができる
④契約者に何かあった場合、支払いが免除される

先ほど「今は低金利で加入するメリットもあまりない」と書きましたが、私はこの4つのメリットだけで加入を決めました。
特に④は、死亡保障が足りないご家庭にはかなりのメリットだと思います。

 

④のメリットを利用するなら、契約者はオット一択ですね!

 

学資保険のデメリット

①途中解約は元本割れ
②満期の日まで学資金はもらえない
③何年か後に金利があがった場合、お得感はなくなる

学資保険を契約するにあたって一番考えなくてはいけないのは、途中解約の可能性です。
基本学資保険は途中解約すると損をするようになっています。(特に保障ありのもの)
増やすつもりで逆に損をするのは本末転倒なので、無理なく支払える金額で契約すべきです。

また学資保険は契約時の金利で運用されるので、もし今後金利があがってもその恩恵は受けることができません。今マイナス金利なことを考えると、教育費全額を学資保険で準備するのはもったいないかなと思います。

 

私が選んだJAこども共済

以上のことをふまえて、私が選んだ学資保険はJAのこども共済です。

 

 

ネットであれこれ見ていると、学資保険はソニー生命の学資保険が人気です。
返戻率だけで見れば、ソニー生命が断トツなのは間違いないと思います。

ただですね、ソニー生命の場合は契約をするにはFPとの面談が必要なのです。
我が家は義母が保険の外交員でして、オットの保険について私はノータッチ。
オット自身も全然把握しておらず曖昧なのです。

とりあえず医療保険だけ義母に連絡して教えてもらい、足りない死亡保障は掛け捨てで用意。
このような状態なのでFPに見てもらったところで私はイジれないわけです(-ω-;)
なので選択肢からはハズれました。すると残っていたのはJAのこども共済だけだったのです。

 

こども共済なら学資応援隊一択

JAのこども共済には、学資応援隊・にじ・えがおの三種類があります。
このうちにじ・えがおは、子供の生命保険やお祝い金がついたプランです。

 

JAに限りませんが、保険というのは基本的にオプションをつければつけるほど元本割れします。

 

節目ごとにもらえる祝い金や死亡保障がついていてお得な気がしますが、私のように大学入学時に使う学費を貯めるという考え方なら元本割れは避けるべきです。(もちろん保障も欲しい人はにじ・えがおでも全然オッケー!)
私は元本割れするなら学資保険を使う意味がないと思っているので、迷わず学資応援隊を選択。

 

支払い期間を短くすれば返戻率はアップ

なるべく返戻率をアップさせるには、支払い期間を短くすることです。

JAこども共済高校プラン
(学資金200万・18歳満期・支払終了12歳・年払い・養育年金なし)
学資保険、JAこども共済

 

以上の条件で私が契約した場合、返戻率は106%です。
銀行でこれだけ利息をもらおうと思ったら大変なのが分かると思いますw
私の基準でいえば105%以上なら契約してもいいかなくらいなので、このプラン決定です。

 

高校プランにしたのは、大学入学時に学資金が欲しいからです。
このプランだと15歳から4年に分けて学資金がもらえるので大学入学に間に合いますが、大学プランだと18歳から5年に分けて学資金の支払いになります。
当然大学入学時には間に合わないので「いつ・いくらいるのか」をよく考えて契約しましょう。

 

学資保険に入るなら早めに!

 

学資保険以外にも低解約返戻保険など、学費を準備できるものはたくさんあります。
個人的に、一か所で貯めるのではなく色々なところで少しづつ貯めるのがいいかなと。
こども共済は学資金のベースとして用意しておき、その他は投資信託で運用していく予定です。

もし学資保険を検討している方がいらしたら参考にしてみてください(・∀・)

 

こちらも合わせてどうぞ。それでは、また!

スポンサーリンク

マネー

Posted by tamiko