【ハンニバル・ドラマシーズン2】1~6話のあらすじとネタバレ感想

ハンニバル・海外ドラマ・あらすじ

以前海外ドラマ「ハンニバル」のシーズン1のレビューを書いたんですが、

 

胎教に良いわけがない!と思いながらもやっぱり見てしまったので、今日はシーズン2のあらすじ(ネタバレあり)を書こうと思いまーす!

 

ハンニバル・シーズン2 1~6話あらすじ

 

シーズン1の最後で犯人にされてしまったウィル。
シーズン2ではウィルが刑務所にいるところからスタートします。詳しくは以下!

 

Kaiseki 懐石

ハンニバルに疑問を持っていたジャックが自宅に踏み込むと、2人はすぐに戦闘を始める。
もみ合いの末ハンニバルに首をさされて重傷を負うジャック。

さかのぼること12時間前、ハンニバルはジャックに懐石料理をふるまっていた。
その場で「ウィルはあなたが犯人だと言っている」告げるジャック。
ジャック自身はハンニバルを白・ウィルは黒だと思っており、何気ない会話のつもりだった。

一方ウィルの無実を信じているアラーナは、ウィルの記憶を呼び戻すために催眠をかけるが、記憶が戻ることはなかった。

 

Sakizuke 先付

ハンニバルを欺き、考えを知る為に自分のセラピーをハンニバルに頼むウィル。
ハンニバルのセラピストであるモーリアは、ハンニバルの本性に気づきジャックに忠告する。
それを知ったハンニバルはモーリアを殺しにいくが、すでに逃亡した後だった。

まるで絵画のように死体が並べられた犯行現場があった。死体と死体は縫われていた。
ウィルの同僚ビバリーは、ジャックに内緒で獄中のウィルにプロファイリングを頼む。
そのおかげで犯行現場がわかり現場検証をしたのだが、そこには犯人の死体も一緒に並べられていた。

 

Hassun 八寸

一連の事件に関するウィルの裁判が始まった。
しかしウィルが犯人であるという見解が変わることはなく裁判は終了したのだが、終了後に謎の封筒が届く。封筒の中には耳がはいっており、以前ウィルの口の中から見つかったアビゲイルの耳と断面が同じだった。
このナイフを証拠保管所から持ち出した男の家にいくと、鹿の角に刺さったまま死亡。

また、裁判所では脳みそと心臓が取られた判事がおり、この判事死亡により審理は無効となる。
このことからウィルの崇拝者がいるのでは?と疑問をもつようになった。

 

Takiawase 炊合せ

森の中で男性の遺体が発見される。
本来蜂が人の死体に巣を作ることはないのだが、脳と眼球を切り取った空間に巣を作られていた。
詳しく調べていると、鉢の刺し傷で隠すように針治療の跡が発見された。

この「隠すように」というワードをウィルに言われていたビバリーは、第二話の先付にて見つかった遺体をもう一度調べる。すると腎臓が切り取られているのが分かった。
ハンニバルに対して疑問を持ち始めたビバリーは、ハンニバルの自宅に侵入。
冷蔵庫にある臓器を見つけ、地下に降りると何かをみつけハンニバルが犯人であることを確信した。

しかし、その背後にはハンニバルがいるのだった。

 

Mukozuke 向付

匿名の情報によりある場所へ向かった記者のラウンズ。
そこには何枚にもスライスされたビバリーの遺体があった。

ジャックはウィルにプロファイリングをさせる。
ウィルの見立てでは「犯人は切り裂き魔で模倣犯」。
もちろんウィルは犯人がわかっているが、あえてジャックには言わなかった。

ラウンズのサイトの読者にいるウィルの崇拝者へメッセージを掲載した。
するとその崇拝者はすぐに現れ、ウィルの為ならなんでもするとウィルに伝えた。
そこでウィルは「ハンニバル・レクターを殺してくれ」と頼む。

ウィルの望み通りハンニバルを拘束した崇拝者。
あともう少しで殺すという時に、情報を聞いたアラーナとジャックが助けにくる。
ウィルの計画は失敗に終わった。

 

Futamono 蓋物

ハンニバルを殺すように指示したことをジャックに非難されるウィル。
誰が殺されてもウィルの言い分を信じてくれない為、少々いら立ちを感じていた。
しかし「ハンニバルは事件の後に必ず食事会を開いている」と言われたジャックは疑問を持ち始める。

後日食事会に呼ばれたジャックはうまいいいわけをして肉を持ち帰って検査をする。
結果人肉ではなかったが、このことで疑われていることを感じ取ったハンニバルはアラーナと深い中になる。

ウィルはギデオンとハンニバルについて話していた。
ジャックにハンニバルのことを話すように言うウィルだが、ギデオンは相手にしない。
2人の会話を録音していたチルトン博士がジャックに録音内容を聞かせる。
しかしジャックは取り合ってくれなかった。

 

スポンサーリンク

ハンニバル・シーズン2 1~6話あらすじまとめ

 

以上がハンニバル・シーズン2の1~6話のネタバレになります。

完全に陥れようとしているウィルと、ハンニバルにこれっぽちの疑いを持っていない周囲。
段々気づきはじめたころにはもう遅い・・・
まぁ気づくとビバリーのように殺されてしまうので、気づかない方がいいのかも。
(しかしビバリーの殺され方が斬新すぎ・・・)

エグさもかなり増していますが、やっぱりこの心理戦はおもしろい!
長くなってしまうので後半は別記事にしようと思いますのでお楽しみに( ・∀・)

 

良ければこちらも合わせてどうぞ。それでは、また!