【橋本病】無痛性甲状腺炎と妊娠について

2017-11-20妊活・不妊治療

無痛性甲状腺炎

先日甲状腺ホルモンの検査結果の記事を書いたんですが、
まだ全ての検査結果がでておらず「見込み診断」でした。
そして先日、はっきりとした診断がつきましたので公開します。

 

スポンサーリンク

甲状腺ホルモン検査結果おさらい

TSH 0.1          基準値0.50-5.00
FreeT3 6.32        基準値2.30-4.00
FreeT4 3.04        基準値0.93-1.70 ←前回ここまで公開
TR-Ab 0.3         基準値0-2.0
抗サイログロブリン 177.5 基準値LT28.0
TPO抗体 15.0       基準値LT16.0

このTR-Abが正常値で抗サイログロブリンが高値の場合、橋本病と診断がつきます。
私はものの見事に当てはまってしまい、結局橋本病の診断がつきました。

でもここで謎が。

通常橋本病では、基準値より「TSH多F3F4少」になるそうです。
しかし私の甲状腺数値は真逆で、なぜ橋本病なのか分からなかったんですよね。
(本当ならこの数値はバセドウよりになる)

 

本当の診断は無痛性甲状腺炎

何らかの原因により甲状腺が壊れ、なかに蓄えられていた甲状腺ホルモンが血液中にもれ出して、一過性の甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)を示す病気です。ーgooヘルスケアー

 

つまりはこれなんですよね。

私はもともと橋本病を持っていた。
自覚もないし治療するほどでもなかったものが、何かをキッカケに発症した。
無痛性甲状腺炎には亢進症の症状が現れることがある。
(動機、暑がり、体重減少など。冷え性なのに毎日汗をかいていたよ)
これだと数値がおかしいのも納得できますよね。

 

無痛性甲状腺炎とバセドウ病は似ている?

甲状腺ホルモンが高くても、亜急性甲状腺炎なら痛みがありますので、バセドウ病と間違うことはありません。しかし、無痛性甲状腺は痛みもなく橋本病を持っていますので甲状腺も腫れているため、バセドウ病と区別することが難しいことがあります。 -バセドウ病と無痛性甲状腺炎:似て非なる病気

バセドウ病と無痛性甲状腺炎の診断を確定するには、放射性ヨード(またはテクネシウム)摂取率またはシンチグラフィを行えば簡単に診断できます。バセドウ病なら、放射性ヨード(またはテクネシウム)摂取率は高くなり、シンチグラフィで甲状腺に放射性ヨードのびまん性取り込みがみられます。無痛性甲状腺炎は、放射性ヨード(またはテクネシウム)摂取率は非常に低い値になり、シンチグラフィで甲状腺に放射性ヨードの取り込みはみられません。一目瞭然で診断が可能です。 -バセドウ病と無痛性甲状腺炎:似て非なる病気

 

甲状腺ホルモンの値が高い=バセドウ病と私は考えていました。でも一概にそうではないようです。痛みがある人だとバセドウではないとすぐに判断されるようですが、私のように無痛性だと診断が難しいようです。

 

無痛性甲状腺炎は妊娠に影響するのか

妊娠しにくいのは事実。(私の主治医はバセドウより橋本病の方が妊娠しづらいと言ってた)

また橋本病の人は流産しやすいと言われているそう。
流産だけでなく、赤ちゃんの中枢神経の発育障害が起こるとも言われているようで。
通常私のような無痛性甲状腺炎は数ヶ月したら数値が落ち着くはずなのです。
なので数値が落ち着くまでは、妊娠は控えたほうが良いのだろうと思います。

 

今は無痛性甲状腺炎の特徴である亢進状態だけど、一過性のものなので落ち着くのを待つヨ!

 

これからどうするのか

とりあえず不妊治療の方の主治医へ報告しに行くつもり。
甲状腺炎は薬を飲みつつ経過観察だけど、妊娠は不可能じゃないとこのと。
なのでなるべく早めに体外受精に挑戦するつもりです(‘ω’)

前回病院から帰った時はけっこう落ち込んじゃったけど、今回はちょっと明るい兆しが見えてきたのでまぁ良しかな。あんまり思いつめないようにやっていこうと思います(*‘∀‘)

 

良かったらこちらもどうぞ。それでは、また!

スポンサーリンク