クアトロテストを受けたので検査結果と費用などあれこれ

クアトロテスト

私のような高齢出産の人が一度は考える染色体の検査。
もちろん私も例外ではなく検査を受けた一人です。

 

【医師監修】染色体検査の方法と結果に異常があった時の対応法
詳細はこちらをご覧ください。

私はまずクアトロテストというものを受けました。
それ以上の検査は、クアトロテストの結果を見てから考えるつもりだったからです。
先日その検査結果が返ってきたので、結果と同時にクアトロテストについて書いてみます。

 

クアトロテストとは

クアトロテストとは、妊婦の血液中にある胎児や胎盤から出てくる4つの成分を測定して、胎児がダウン症候群18トリソミー開放性神経管奇形である確率を算出するスクリーニングテストである。 -医療法人オーク会

 

クアトロテストとは、妊婦の血液中にある4つの成分(AFP, hCG, uE3, Inhibin A)を測定し、その数値と妊婦の年齢・週数・日本人の基準値を考慮して、赤ちゃんのそれぞれの疾患の確率をだすものです。
年齢が考慮されるため、高齢の人ほど高い確率がでることになります。

検査できる週数は妊娠15週~17週くらいまでが一般的。私も15週で受けました。
クアトロテストの結果で懸念事項がある人は、希望により詳しい検査にすすむこともできます。
 

クアトロテストは自費!病院にもよるけど大体2万円前後かな?ちなみに私は18000円でした(´ー`*)

 

私がクアトロテストを受けた理由

私がクアトロテストを受けたのは以下の理由からです。

✔比較的手ごろな金額で受けられる
✔高齢出産なので受けた方がいいと漠然と思っていた

ハッキリ言ってクアトロテストの信ぴょう性はそんなにないと思っています。
染色体そのものの検査ではないので不確定だからです。確率はあくまでも確率。
テストが陽性でも異常なく産まれてくる人もいるし、逆に陰性でもダウン症などで産まれてくる赤ちゃんもいます。なので本当に気休め程度の検査なのかもしれません。

でももし万が一このクアトロテストで悪い結果が出て、その先の高額で体にも負担がかかる検査を受けるか迷った時、背中を押すきっかけになると思ったのです。
いくら私が不妊治療をしてきたといえども、いきなり10万円もするような検査はちょっと・・・
悪い言い方かもしれませんが、私にとっては保険のような意味合いでした。

 

クアトロテスト結果の見方

私の出産時の年齢は35歳。
この年齢でのダウン症の確率は1/297。18トリソミーでは1/1153です。
この数値はダウン症で説明すると、同じ1/297の確率をもつ妊婦が297人いるとして、その中で1人の赤ちゃんがダウン症であるという確率なのです。そう考えるとそんなに多い確率ではないと思いませんか?

またクアトロテストにはカットオフ値(基準値)があります。
この基準値より多いか少ないかで陰性陽性かが決まるわけです。

✔クアトロテストカットオフ値
・ダウン症候群               1/295
・18トリソミー               1/100
・開放性二分脊椎              1/290
・無脳症などを含めた開放性神経管奇形全体  1/145

スクリーニング陽性と陰性について
・スクリーニング陽性とでた場合
対象疾患である確率は基準値より高いが、必ずその病気にかかっているという意味ではない
・スクリーニング陰性とでた場合
対象疾患である確率は基準値より低いが、絶対に産まれないというわけではない

もし悪い結果がでたとしても、確率の問題なので絶対ではないのですね。

 

クアトロテスト私の場合

以上をふまえて私の検査結果を報告しますね(・∀・)

 

✔ダウン症候群
カットオフ値1/295  → 1/9900
✔18トリソミー
カットオフ値1/100  →確率は高くない
✔開放性二分脊椎
カットオフ値1/290  →1/12000
✔無脳症など開放性神経管奇形を含めた全体
カットオフ値1/145  →1/6000

 

なぜか18トリソミーだけ具体的な確率は書いてなかったのですが、全体的にみると年齢の割に大丈夫?まぁ確率ですから安心はできませんけどね。
でもこの結果を見て、以前より安心して妊婦生活をおくれるようになったのは事実!
判断材料の一つとして、クアトロテストを受けて良かったです( ・∀・)

 

スポンサーリンク

クアトロテストについてまとめ

 

以上がクアトロテストについての簡単な説明になります。
私はこれ以上の染色体検査は受けていないので専門的なことは分かりません。
でも大切なのはクアトロテスト陽性ならどうするべきか考えておく必要があるということです。

もし健康な赤ちゃんでないかもしれないと分かった時はどうするのか。
そこを決めて検査を受けないと、いざという時に迷って苦しい思いをします。
私も自分が高齢であることもあり、赤ちゃんを諦める選択になるかもしれないと覚悟をもって検査を受けました。
結果は大丈夫そうではあったものの、もし悪い結果がでていたら・・・

陽性の場合諦める選択で受けたとしても、実際にはものすごく葛藤があると思います。
なので受ける前に自分がその後どうするのかを考えてみてくださいね!

 

良ければこちらもごらんください。それでは、また!

妊娠・出産
スポンサーリンク
おもしろかったらシェアお願いします☺
タミコをフォローする
スポンサーリンク
Tamicho+.