子供が欲しい人が妊娠・出産を躊躇してしまう国

妊活・不妊治療

 

先日このような記事が目にはいりまして。
なんでも出産適齢期の女性が赤ちゃんを産む割合が減っているとかなんとか。

 

厚生労働省が1日発表した人口動態統計によると、2017年に生まれた子どもの数(出生数)は前年よりも3万人余り少ない94万6060人となり、過去最少を更新した。一人の女性が生涯に産む子どもの数にあたる合計特殊出生率は1.43と2年連続で低下した。ー日本経済新聞

 

正直言って、今さら何言っているんだろうという感じですね(´ε`;)
子育て現役世代の生活が苦しくとても子供を育てる余裕がないのは明らかだし、経済的に余裕がでる30代半ば以降の世代では妊娠率がさがってくるし本当にどうにもいかない状態だと思います。

※今日のブログはただの垂れながしですのでご注意ください~

 

希望出生率1.8?!

子どもを欲しいと考える夫婦らの希望がすべてかなった場合の出生率(希望出生率)は1.8になると政府は推計している。実際の出生率がこの水準を大きく下回るのは、出産・育児と仕事を両立しにくい環境が影響しているとみられる。ー日本経済新聞

 

こういうの見ると、本当に政府ってなにも分かってないんだなって思いますw
みんなが子供を産まないのは「出産・育児と仕事を両立しにくい環境が影響しているとみられる」とか。そんなわけない。

子供を産む人が減ったのはもっと単純な理由!お金がないからですよ!!
自分が働く働かないは一旦置いておいて、オット一人の給料で食べていけないからみんな出産を躊躇する。産んだら終わりじゃないですもの。そこからが始まりなんだし。

出産適齢期の20代にもっと子供を産んでほしいのなら、経済的な負担を見直すのが先では?

念のため書いておくと、働きたくないとかそういう話ではありません。
妊娠・出産で仕事ができない期間がどうしてもあります。その間の不安。それ+産んだ後の待機児童問題。保育園に入れなければ収入を得られないのだから、経済的不安により出産を躊躇してもおかしくありませんよね。

 

35歳以上の出生率は増加

子どもを出産した女性を年齢階層別にみると、最も多かったのは30~34歳。16年までは母が40歳以上の出生数は前年に比べて増えていたが、17年には40~44歳も減少に転じた。母が45歳以上の出生数はなお増えたものの、1511人と全体からみれば少ない。出生率にも晩産化の傾向がみてとれる。女性の年齢階級別に合計特殊出生率をみると、35歳以上で上がった一方、34歳以下は軒並み下がった。ー日本経済新聞

 

34歳以下が軒並み下がるというのは、まさに経済的に安定していなからだと思うのだけど?
経済的基盤ができてから結婚・出産を考えざるを得ないから、晩婚・高齢出産が増えるのでは?

それがいけないとは思わないし、これからはどんどんそうなっていくと思う。
ただそれを「早く結婚しないから」「早く出産しないから」と個人の問題として片付けるのはどうなんだろうなぁ~と私は思うわけです。

確かに保育園や待機児童の問題もあると思う。
あると思うけど、そのほとんどは家庭の中の経済的基盤が整えば解消すると思う。
全ては結婚や出産適齢期の経済的負担が理由だと私は思うよ!!

 

産みたいのに産めない気持ち

私は不妊治療経験者だからどうしてもそっちよりの考えになるのだけど。
子供が欲しくてもできない人って本当にたくさんいるんです。

私みたいに職場や友人にオープンにしている人はもちろん、秘密にしている人もいる。
体外受精などの高度治療にすすむ勇気がない人もいるし、経済的負担を考えて本格的な治療をしない人も。
この「経済的負担により治療しない人」の部分がとてももったいない!!
だって裏を返せば経済的になんとかなれば産みたい!産める!ということだもの。

もちろん結果が出るかどうかは分からない。そこが不妊治療の怖いところ。
でも今は助成金もあるし、昔よりはチャレンジしやすくなっているのも確かですけどね。
でもそれでもやっぱり不妊治療費はけた外れですが。

本当は不妊治療そのものが保険診療になるのが一番いいんだろうけど、他にも優先すべき事項はあるだろうからそうもいきませんよね。
それがなんだかとーーっても歯がゆい(´ε`;)

 

スポンサーリンク

少子化は食い止めることができるのか?

私自身そろそろ臨月で第一子出産を控えています。
そして初めての採卵の時の受精卵(胚盤胞)がまだ2つ残っています。
着床するかどうかは別として、移植する機会は単純に2回あるわけです。

しかし!

私が通院していた病院の凍結卵更新料は12万円/1年。移植してもしなくても、です。
これにプラスで移植する時はまた20~25万くらいかかるはず。
そして初回限定の助成金の上乗せはないので、半分も戻ってこないと思います。

それを考えると、やっぱり2人目3人目は躊躇してしまいますよね。
お金に余裕があるわけではないので、その分第一子にかけてあげた方がいいのでは?と思うし。
兄弟をどうするかでこんなに悩むのは日本くらいかも・・・

このままでは少子化はなくならないだろうし、この先日本はどうなるんでしょうね。
まぁ不安がってても仕方がないんでしょうが(;´Д`)

 

本日はただのヒトリゴトにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
良ければ上記のページもどうぞ♪ それでは、また!